ナチュラルドッグフードの対象年齢はきちんとあります!

主原料が犬の大好きなラム肉。

さらには徹底された品質管理の他に無添加で、グレインフリーのナチュラルドッグフードが今とても人気です。

 

そして飼い主さんなら誰しもが知っているドッグフードの対象年齢!

ペットフードを選びにペットショップに行けば、実にいろんなフードがあってそれぞれ対象年齢っていうのもちゃんとありますよね^^

 

今回はナチュラルドッグフードの対象年齢についての記事内容となっております。

 

対象年齢

 

ナチュラルドッグフードの対象年齢は成犬~老犬となっております。

rapture_20160426170822

 

ナチュラルドッグフードのような品質の高いドッグフードの事をプレミアムドッグフードと呼びますが、このプレミアムドッグフードって大体が成犬~老犬向けとなっております。

 

理由は徹底されたカロリー計算などからも来ているんですね。

というのも犬が一番栄養を必要とする時期って、実は成犬~老犬ではなくて子犬なんです!

 

これは人間でも一緒ですが、体が成長していく時期が一番多くの栄養・カロリーを必要としているんですね。

なので一生涯同じフードを与え続ける場合、子犬には栄養価が足りない部分もあるんです。

 

逆に栄養価が足りなくて与えすぎると、それは肥満の原因にもなります。

肥満はハッキリいって健康に何一つメリットはありません。

 

なのでナチュラルドッグフードもそこはハッキリと差別化していて対象年齢は成犬~老犬となっているんですね。

 

賞味期限

 

ナチュラルドッグフードの賞味期限は製造日から18ケ月です。

これはドライフードの中でも極めて短い方。

 

市販のドライフードって、大体数年は持ちますからね^^:

どうしてナチュラルドッグフードがこんなに賞味期限が短いのか!?

 

それは人口の添加物を使用していない無添加だからなんですね。

賞味期限を先延ばしにする便利な添加物で酸化防止剤という物があります。

 

あれのおかげで食品の賞味期限を信じられないほど劇的に延ばす事ができます。

しかしその反面、デメリットもきちんとあります。

 

そのデメリットですが、酸化防止剤には発がん性物質が確認されているんですね。

長年酸化防止剤が多量に含まれた食品を摂取し続けると、ガンに侵されるリスクもかなりあがってきます。

 

これはもちろん犬にも同じ事がいえます。

幸いナチュラルドッグフードにはこの酸化防止剤は使われていないので安心して与える事ができますね^^